もをただよう


 

 
 あまりにも呆気なく失われたもの。


『ようこそ、ぷちぷち日和へ』


 白いページに、淡い色彩で浮かぶ文字。

 今は閲覧避けを施された、かつて一日に何度も足跡を残されたサイト。
 最低限のフレームと、最低限のコメントと、どこかで撮られた夕暮れの風景の画像。
 メインは文章ではないが、飾らない文章が好評でほぼ毎日更新されていたサイトだった。


 けれど、そのサイトの更新日付は二年前でとまっている。

 いつの間にか人々から忘れ去られたそのサイトは、それでもひっそりと残っていた。

 帰ってくるともしれない人間を待ち続けて。


 


 

BACK / INDEX / NEXT